ウコンの栽培と保存

ウコンの収穫は前年の天候に左右されやすいようです。

ウコンの栽培はやや湿り気のある土に堆肥や腐葉土、鶏糞、油カスなどの有機質肥料を混ぜ合わせ、その畑に親指程度以上の根茎のウコンを、株間40〜50cmで植えていき、その上に覆土を5〜7cm程度を入れていきます。

ウコンの葉茎は高さ1.2mくらいに成長し、収穫はウコンの葉が枯れ落ちてから初霜が降りるまでの間に行います。

また家庭でウコンを育てる場合は、大き目のプランターやスチール箱などを使って、ベランダなどの一角でもウコン栽培が可能です。

収穫したウコンの貯蔵は、冬期は水はけのよい畑の土中に埋めるか、箱の中に土を入れてその中にウコンを埋めます。

ウコンを室内で保存する場合は、紙袋などに密閉しておいて置きます。

夏期にウコンを保存するには、新聞紙などにくるんで密封して冷蔵庫にいれておきます。
posted by ポッポ at 11:37 | ウコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。